ついにきた、老眼?!コンタクトレンズを遠近両用にした

老眼…ついにきてしまった。 2か月前、「スマホを見るとき、手、遠ざかっているよ」友だちに言われた時はっとした。 今年に入ってからスマホが見にくいし、見えていたはずの居間のカレンダーの文字が見えない。

 

運転中も、看板の文字が読みにくいなど、どうも目の調子がおかしいとは思っていたが、そうか、老眼か!? でもちょっと早くないか?私はまだ41歳なのですけど… 中学の頃から近視でメガネ常用。

 

コンタクトレンズに代えて、過ごしてきた。30代半ばから、視力が少しずつ良くなってきていたのが不思議ではあったけど、老眼の前兆だったのかな…2週間交換のコンタクトレンズの在庫がなくなったのを機に眼科で相談してみた。 裸眼でいつも通りの検査。気球を見て、円の穴が開いている方を「右」「左」「上」「下」と言っていく。

 

気球を見る検査って何を調べているんだろうか… 検査の結果、「遠近両用を試してみましょうか」だって。気球の検査で分かるものなのかな~ 「老眼です」とは言わないんだなあ、と思い「老眼ですか?」と聞いたら「年齢的にね」とのお答え。なるほど、早すぎでもないのか。

 

肉体の衰えに多少のショックを感じながらも、眼科で勧められた遠近両用のコンタクトレンズ「クーパービジョンのバイオフィニティマルチフォーカル」を装着してみたら、なんて視界が明るい事!その後、微調整をしてもらい、遠くも近くも良く見える度数のコンタクトレンズを選んでもらった。 お試しにしてもらって、調子が良ければ3か月分を注文する予定で帰宅。 運転もしやすかったし、居間のカレンダーも良く見えるようになっていた。

 

焦点を合わせるため、無意識にしていた目を細める事無く、物がはっきり見えるので、頭の疲れ具合も違ってきた~~~ 調子が良いみたいだから、明日にでも注文の電話しよう。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA